優しい風のなかで

mimoza88.exblog.jp
ブログトップ

南伊豆で南国気分

寝姿山より見た下田の町
a0263080_12535497.jpg

山の上で見たノボタン
a0263080_13202297.jpg

逢ケ浜より
a0263080_1258873.jpg

松崎町のお地蔵さん
a0263080_12465469.jpg


初秋の伊豆の山々もいいかなと期待しましたが、台風の影響なのか暑かったです。
初日は熱海で途中下車しMOA美術館に行きました。場所は 高台で、眺めも施設も素晴らしかったです。

下田の弓ヶ浜に泊まり、二日目はバスで50分の松崎町にある長八美術館へ。漆喰アートを見ました。
港町ですが昔の賑わいはなく、 所々でなまこ壁の蔵がその面影を感じさせます。

帰り道、何年か前に行ったことがある上原近代美術館に寄ってきました。12月11日までめぐりゆく季節ー洋画家たちが描いた四季ーと題した安井曽太郎はじめ梅原龍三郎、岡鹿之助たちの絵画がゆっくりと見られます。
相玉バス停から15分は歩きます。 帰りは夕方になり土砂降りの中を歩くはめになりました。やはり車がないと不便な場所です。

3日目は弓ヶ浜から逢ケ浜を散歩しました。岩場なので足場は悪いですが、お勧めです。
久しぶりにロープウエイで寝姿山に登りました。

上から見る下田の町は寂れたとは言え、さすが黒船来航で有名になった港町だけのことはあります。
旅は歴史を実感させてくれるのがいいですね。

下田は何度も行き、もう見るところも無くなったのですが、必ず行くのはさいか屋という手作り飴やさんとペリーロードの風待という骨董屋です。ジャズが流れ飄々としたオーナー自作の柱からリサイクルしたテーブルのある喫茶コーナーで休憩して来ます。

[PR]
by hi-dolly | 2013-10-11 13:21 | 旅日記