優しい風のなかで

mimoza88.exblog.jp
ブログトップ

ライラックが風に揺れて

友人の家を訪問した帰り、薄紫のライラックの花が風に揺れているのに出会った。

そう、ライラックにはまっていた時期があった。
物悲しいラフマニノフの映画や音楽。札幌のライラックから木場公園の白いリラ並木まで見に行ったっけ。
今 こうして懐かしく胸痛む思いは何? ふーん、だからライラックの花言葉は「初恋」なんだ。

a0263080_16302600.jpg

引っ越しの時持ってきたライラックの植木鉢は小さな若葉が2つ出ただけでうんともすんとも言わない。
世の中にはgreenfingersと言われる園芸の才能がある人もいるのに、花や木が好きだとはいっても、私にはまったくその才はない。
朝目が覚めた時、窓から楡の葉がさわさわそよいでいるのが見えたらいいとか、ライラックの優しい香りの中でアフターヌーンティーをしたいとか、ささやかな実現可能な夢なのに、現実、やっぱり庭の手入れは無理かも。


a0263080_16510193.jpg
今ベランダで唯一元気いっぱいなのがこのカランコエ、ほんとにいい子です。誰にでも育てられるらしい。花言葉は「幸福を告げる」。
「頭を良くする」という花言葉もあるよっておしえてあげたら、花なんて買ったことがない人が初めて買った花がこの花だった。



[PR]
by hi-dolly | 2017-04-27 17:15 | お散歩