優しい風のなかで

mimoza88.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅日記( 25 )

ながれやまオープンガーデン

5月14日(日)~5月16日(火)の 3日間開かれるオープンガーデンです。

わたしたちはつくばエクスプレス線おおたかの森駅から東武アーバンパークラインに乗り換え2つ目の江戸川台駅で下車、15軒ほどのご家庭のお庭を拝見させていただきました。各地区合わせると全部で31軒ほどのガーデニング愛好家の方々がお庭を開放してくださっていますので
全部まわるのはたいへんです。貸自転車で回っている人もいました。

バラ園で見るバラとは違う、個性や日々の愛情が伝わってきます。
a0263080_19422044.jpg
a0263080_19441389.jpg
a0263080_19462701.jpg
a0263080_19482056.jpg


[PR]
by hi-dolly | 2017-05-14 19:50 | 旅日記

安曇野の春

安曇野ちひろ美術館公園
a0263080_18223876.jpg
a0263080_1823743.jpg
万水川
a0263080_18241621.jpg
大王わさび農場
a0263080_18243422.jpg
a0263080_18245058.jpg


安曇野は春がいいと誰かが言っていたので、早起きしてあずさ3号で中央線をどこまでも。いつもは松本で大糸線に乗り換えていたのですが穂高まで直行がありました。

甲斐から信州の山々は今が一番美しい季節かもしれません。木々が淡く優しく色づいて、緑が数えきれないほどの変化を見せてくれます。車窓の眺めだけでも楽しめます。

黒い有明山(安曇富士)の後ろには白銀輝く燕岳が並び、ひときわ誇り高く冷たく白くそびえる常念岳が見えます。
山々に囲まれて暮らす安曇野の人々は、広がる田畑を黙々と耕し豊かな水を守っているのがよくわかります。登山家や観光客は一時期のお客様、地元の人は本当にのんびりとして穏やかです。美しくカワイイ家と昔からの白壁の家が混在しているのは、若い人たちは会社務めが多くなったからとか。精密機械や製薬会社が増えているようです。ミニスイスかな。

[PR]
by hi-dolly | 2014-04-20 18:40 | 旅日記

秩父の春

a0263080_207913.jpg
昨日吾野の休暇村に宿泊し、今日は朝から長瀞にむかいました。

連日春うららの陽気で、秩父の山桜はまるで日本画のように霞んで、あちこちの山合いを彩っていました。

かすかな風にも花びらが舞う中、長瀞の岩畳を歩いたり、宝登山神社の枝垂れ桜を眺めたりした後、偶然、野土山という小さな丘に出会い、花吹雪の桜道を歩くことができたのは、この春一番の感動です。
a0263080_19494316.jpg
a0263080_19495619.jpg
a0263080_1950931.jpg
a0263080_19502371.jpg

[PR]
by hi-dolly | 2014-04-09 20:08 | 旅日記

早春の小湊鉄道

3月18日(火曜日) スケッチバスツァーに参加しました。

無人駅の飯給(いたぶ)駅と里見駅周辺には、春の嵐が吹く中、描く人、写真を撮る人がたくさん。

たった一両の電車が、桜や菜の花の中を通る姿はのどかな里山風景のはずだったのですが、今回はまだ少し早すぎたようです。


a0263080_20245228.jpg
a0263080_2026135.jpg
a0263080_20263043.jpg
a0263080_20272048.jpg
a0263080_20285857.jpg

[PR]
by hi-dolly | 2014-03-19 20:30 | 旅日記

鎌倉・横浜小さな旅

お正月休みはどこにも行けなかったので、また鎌倉に行ってきました。

神奈川県立近代美術館へ行った後、まだお正月気分の鶴岡八幡宮にお詣りしてきました。


a0263080_18245085.jpg

a0263080_1925532.jpg

今回は坂本繁二郎「棕梠の見える風景」を見れたことが良かったです。水彩でもこんなに色彩を深く突き詰めて表現できるのかと感動しました。写真では無理なのでもう一度見に行こうかと思っています。

2日目は人の少ない横浜の「山下公園」や、「港の見える公園」を散策しました。鎌倉とは趣も変わり、異国を歩いているかのようです。

今年一番の寒さという予想でしたが、暖かくのんびりしたお散歩日和でした。

a0263080_18463818.jpg
a0263080_18465432.jpg
大仏次郎記念館のネコ
a0263080_18475130.jpg
赤い靴の女の子の像
[PR]
by hi-dolly | 2014-01-11 19:10 | 旅日記

南伊豆で南国気分

寝姿山より見た下田の町
a0263080_12535497.jpg

山の上で見たノボタン
a0263080_13202297.jpg

逢ケ浜より
a0263080_1258873.jpg

松崎町のお地蔵さん
a0263080_12465469.jpg


初秋の伊豆の山々もいいかなと期待しましたが、台風の影響なのか暑かったです。
初日は熱海で途中下車しMOA美術館に行きました。場所は 高台で、眺めも施設も素晴らしかったです。

下田の弓ヶ浜に泊まり、二日目はバスで50分の松崎町にある長八美術館へ。漆喰アートを見ました。
港町ですが昔の賑わいはなく、 所々でなまこ壁の蔵がその面影を感じさせます。

帰り道、何年か前に行ったことがある上原近代美術館に寄ってきました。12月11日までめぐりゆく季節ー洋画家たちが描いた四季ーと題した安井曽太郎はじめ梅原龍三郎、岡鹿之助たちの絵画がゆっくりと見られます。
相玉バス停から15分は歩きます。 帰りは夕方になり土砂降りの中を歩くはめになりました。やはり車がないと不便な場所です。

3日目は弓ヶ浜から逢ケ浜を散歩しました。岩場なので足場は悪いですが、お勧めです。
久しぶりにロープウエイで寝姿山に登りました。

上から見る下田の町は寂れたとは言え、さすが黒船来航で有名になった港町だけのことはあります。
旅は歴史を実感させてくれるのがいいですね。

下田は何度も行き、もう見るところも無くなったのですが、必ず行くのはさいか屋という手作り飴やさんとペリーロードの風待という骨董屋です。ジャズが流れ飄々としたオーナー自作の柱からリサイクルしたテーブルのある喫茶コーナーで休憩して来ます。

[PR]
by hi-dolly | 2013-10-11 13:21 | 旅日記

八幡平高原は涼しかった

秋田県鹿角の高原ホテルに泊まり、後生掛温泉、大沼湿原、八幡平ウォーキングを楽しんできました。

フリープランだったので、秘湯めぐりをする人、部屋でのんびりする人、それぞれでした。

私は効能豊かな後生掛温泉だけでぐったりしてしまい、毎日、セラピーロードを歩いたり、写真を撮ったり、スケッチをしたりでした。

3日目にはホテルの人が朝8時半に八幡平の登山口まで送ってくれたので、歩けるとは思わなかった、八幡平を歩くことができました。頂上までなだらかな登山道が整備されており、片道40分のコースです。

霧に煙った八幡平は幻想的で夢のよう。高山植物の宝庫です。澄んだ色と優しいたたずまいに癒されます。


コバイケイソウの群生がこんなに見られるのは3年ぶりとか。
a0263080_16294916.jpg

ニッコウキスゲ
a0263080_16305623.jpg

ハクサンチドリ
a0263080_16314762.jpg

イワカガミ
a0263080_16325128.jpg

オニユリ
a0263080_16334531.jpg

鏡沼/ いくつかの沼をまわる散策道があり、どの沼もまだ凍った雪を残しています。
a0263080_16343956.jpg

[PR]
by hi-dolly | 2013-08-01 16:46 | 旅日記

琵琶湖の旅

2泊3日で近江八幡から彦根、長浜そして醒ヶ井を歩いて来ました。

琵琶湖はあまりにも大きすぎて、湖をうみと呼ぶ理由がよくわかります。

大阪で生まれた父が中学生の時に母親に先立たれたこともあって、あまり母親の話はしたことがないのに、ふと、幼いころ琵琶湖のほとりで母親とふたりで一年間療養生活をしたことがあるとぽつんと言ったことがありました。今となってはそれがどこなのか聞くすべもありませんが、多分石山寺の近くだったのではないでしょうか。

初日、観光案内所の人が、今日は風もさわやかだから、水郷めぐりでもすればと勧めてくれたので、近江八幡の運河めぐりのはずが円山というところから手こぎ舟に乗ることになりました。

同船した大阪から見えた年配のご夫婦とのんびりとお話しながらの一時間でした。
私の母方の祖父が霞ヶ浦の近くでこういう舟を造っていたことや、船頭さんが潮来から来た人であったこともあり、いろいろと懐かしい思いでした。
父が琵琶湖と似た霞が浦の近くに赴任して来たのも、きっと幼い日の思いが心の片隅にあったのだろう思います。

3mもある葦がザワザワと風に波打っています。舟は迷路のような水路を眠くなるような速度で走ります。ちょうど子育て中のヨシキリスズメの鳴き声が櫓を漕ぐ音にあいまって、まるで別世界にいる雰囲気でした。ときどき黒く小さなカイツブリが頭を出したり潜ったりして、そのしぐさがあまりにもひょうきんで私たちを笑わせてくれました。


水郷めぐり
a0263080_18542570.jpg

a0263080_18474932.jpg
宮の浜から
a0263080_18492359.jpg
a0263080_18502362.jpg
梅花藻
a0263080_18514581.jpg
醒ヶ井地蔵川
a0263080_1941988.jpg

[PR]
by hi-dolly | 2013-07-03 19:09 | 旅日記

田貫湖ってどこ?

台風が近くまで来ているというのに、せっかく予約が取れた、人気の休暇村富士に行ってきました。
朝窓を開けると、ギャーと叫びたくなるような圧巻の富士のお山は見れませんでしたが、幸い傘を使うこともなく、毎日、カメラとスケッチブックを持って、目の前に広がる田貫湖をぐるぐる歩きました。

自然塾のお兄さんが、僕は7月、8月の小田貫湿原が好きですねなどと魅惑的な一言を言うのでした。

ホテルのカレンダーを見たら8月は空き室がありませんでしたね。コテージやキャンプ場もあるので、夏休みの子供や学生たちでいっぱいなんでしょうね。 ザンネン。

ところで、とうとう愛用のバイオが壊れたので、東芝のwindows8搭載を買いました。
前はwindowsXPだったのですが、とうとう来年4月でサポートが切れることになったんです。結構お気に入りの人が多かったので、ここまで持ったとか。なんせ、windows8は、あまりにも勝手が違って、慣れるまでどの位かかるのかわかりません。 無事写真がアップできますように。

a0263080_16393854.jpg
窓からの眺め
a0263080_1640342.jpg
休暇村富士
a0263080_23371477.jpg
コアジサイ
a0263080_16414736.jpg
紫陽花
a0263080_16423819.jpg
田貫湖遊歩道
a0263080_1643983.jpg
あちこちにアザミの群生が
a0263080_16433250.jpg
何の実?野の花は実もカワイイね。
a0263080_16441356.jpg
ヒノキと杉の散歩道
a0263080_16472554.jpg
白糸の滝
日本の滝100選に選ばれています。
この上に いかなる姫かおわすらん おだまき流す 白糸の滝/源頼朝

[PR]
by hi-dolly | 2013-06-22 17:00 | 旅日記

今でしょ!ヒマラヤの青いケシ

今年は間に合いました。ヒマラヤのブルーポピー咲き出しました。

ヒマラヤも北海道も遠いし、山歩きは苦手、でも高山植物や湿原の花が見たい人、箱根湿生花園に行って下さい。

山や林から吹き寄せる初夏の風がさわやかです。

植物園は種類は多いけど、それぞれの株数はほんの少し、名札がじゃま etc...なんて言わないでね。

皆に喜んでもらいたくて、一生懸命働いているスタッフの方々には頭が下がります。

本当に楽しい1日でした。

a0263080_227276.jpg


a0263080_2281453.jpg

a0263080_2291246.jpg
エゾウスユキソウ

a0263080_2295815.jpg
エゾルリソウ

a0263080_13222234.jpg
オゼコウホネ

a0263080_22104732.jpg
クロユリ

a0263080_22114898.jpg
レンゲツツジ


a0263080_22204981.jpg

湿生地復元中。もうすぐハナショウブの群生が見られます。
[PR]
by hi-dolly | 2013-05-17 22:25 | 旅日記